信楽町観光協会: hotshigaraki

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > Articles by: hotshigaraki

信楽町観光協会

最新ニュース

セラミック・アート・マーケットin陶芸の森 延期のお知らせ

(2021.08.27)

新型コロナウイルス感染症感染防止のため、9月18日~20まで開催予定の「第26回 信楽セラミック・アート・マーケット in陶芸の森」を延期いたします。
新しい日程は下記のとおりとなりますので、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

開催日程   令和3年11月26日(金)~28日(日) 

 

セラミック・アート・マーケットin陶芸の森

「作品と作家に出会う」をテーマに県内在住、在勤の陶芸をはじめとする作家が、自らが制作した質の高い作品の販売をおこなう野外イベントです。

 

日程 令和3年11月26日(金)~28日(日)

   9:00~17:00(最終日は16:30まで)

会場 県立陶芸の森太陽の広場

 

※新型コロナウイルス感染症の流行等の状況が悪化した場合は中止となります。

ご来場のお客様は、感染症拡大防止のためのご協力をお願いいたします。

 

詳細 滋賀県陶芸の森公式ホームページをご覧ください。

 

2021年メダル・ストラップデザイン

(2021.08.18)

メダルデザイン 堀家毬乃さん

ストラップデザイン 奥村朱音さん

 

※ともに信楽高校2年生

(2021.08.18)

信楽伝統産業会館のご紹介

 

 信楽焼は今から750年前の13世紀半ばに始まったと考えられています。長い歴史と伝統に培われた信楽焼は、時代の変換とともに、地場産業として地域の経済を支えてきました。伝統的技術を継承する後継者の確保や育成、伝統的な技術・技法を生かした新製品の開発などの取り組みを支援するため、昭和49年5月に制定された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の趣旨に基づき、昭和50年9月に信楽焼が伝統工芸品として指定を受けました。この信楽伝統産業会館はこれを機に、国・県の支援を受けて建設されたものです。

 信楽焼に関する資料や歴史を紹介しながら各種の企画展示を行うなど、当館を訪れられた皆様に信楽焼の魅力を感じていただく施設として、また、信楽観光の拠点としての役割を担っています。

◆ 常設展「信楽ミュージアム」

◆ 企画展示室

収蔵品展(令和2年7月~)
信楽高校秀作展(令和2年10月~)

今こそ滋賀を旅しよう!第4弾開催中

(2021.08.08)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

滋賀県民限定「今こそ滋賀を旅しよう!第4弾」スタート!

宿泊補助の提供

しが周遊クーポン(対象宿泊プランが7,000円以上)

 


宿泊対象期間:2021.7.9(金)~2021.8.31(火) 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は公式サイトをご覧ください。  こちらから

お問い合わせ びわこビジターズビューロー 077-511-1530

 

 

信楽町内の対象の宿泊施設 

   〇 小川亭  

   〇 平岡家  

   〇 ホテルレイクヴィラ

甲賀市内でクーポンが使えるお店   こちらから

 

 

【重要なお知らせ】
滋賀県内の新型コロナウイルス感染拡大により、新規コンビニ券の販売を8月5日より停止します。

第4回信楽まちなか芸術祭 「シガラキマニア」 

(2021.08.08)

 

 “自分のアイデアが実現できるまち”

 このまちではやきものと共に豊かな文化が育まれ、それを支える様々な魅力が存在します。

その魅力を知る人が「シガラキマニア」です。

 私たちの足元にある「信楽の宝」を再確認するとともに、「人、活動、想い」の中に潜む本当の価値を見出すことで、次の10年後に、信楽らしい様々なチャレンジができ、まちに誇りを持ちながら活動できる環境をつくり、次世代をこの地で育てたいと思えるまちの実現を目指します。

 

 テーマ ARCHIVES FOR THE FUTURE ~未来への模索~

 会期 2021年10月2日(土) ~ 11月14日(日)

 会場 滋賀県甲賀市信楽町内会場とオンライン

   ・「産地のアーカイブ展」 土日祝オープン 

    川端倉庫(窯元散策路「窯場阪」入ってすぐ)

 主催 信楽まちなか芸術祭実行委員会

 

 公式ホームページはこちらから

 

関連イベント:信楽汽車土瓶プロジェクト

(2021.08.08)

信楽高原鐵道信楽駅にて「Neo汽車土瓶」展を開催します。

 

会期  

 令和3年11月20日(土)~11月27日(土) 

 10:00〜17:00(入館は16:30まで)

※新型コロナウィルスの関係で、中止・延期になる可能性があります。最新情報は本ウェブサイトをご覧ください。

 

会場  

 信楽高原鐵道信楽駅

※本展覧会は信楽高原鐵道信楽駅に留置した車両をギャラリーに見立て、ボックスシートで囲まれた範囲を一人の作家が占有し、展示を展開します。信楽高原鐵道に理解をいただかないと成し得ない環境を用意していただいています。

 

料金  

 無料(駅構内入場料150円は必要)

※展覧会自体は入場料を取りませんが、記念切符(硬券風)を石版で制作したものを持ち帰っていただくことにしています。

 

主催  

 信楽汽車土瓶プロジェクト

 横山絵理 倉澤佑佳 北脇あず美 菊池季 畑中英二

展示内容  

 ・信楽に関わりのある6人の作家による「Neo汽車土瓶」作品の展示

  松井利夫(京都芸術大学教授)、宇田安利、栗田千弦、藤原雅信、藤原孝親、松田晃余

 ・汽車土瓶関連資料  明治〜大正年間の汽車土瓶や石膏型

 

詳細はこちらから

シガラキマニア プレイベント

(2021.08.08)

 

〇 「おうちで火まつり2021」を開催しました

 

信楽まちなか芸術祭 シガラキマニア2021参加アーティスト・伊達伸明氏と、信楽まちなか芸術祭シガラキマニア2021実行委員会、しがらき火まつり実行委員会がタッグを組んで、7月24日(土)にリモート火まつりを開催しました。
 
 
 
残念ながら、今年の開催が中止となった「しがらき火まつり」の松明奉納をリモートで楽しむオンラインイベントを開催しました。
 
【ライブ配信】 7月24日 19時10分~配信
ライブ配信で、リモート火まつりを配信しました。
YouTubeにて、「シガラキマニア おうちで火まつり2021」 を検索してください。(現在もYoutubeにてご覧いただけます。)
 
 
【信楽火まつり香】(写真参考) 
しがらき火まつりの松明奉納ルートに型どられた蚊取り線香にひをつけて、ご自宅でのんびり火まつりを楽しみましょう!「信楽火まつり香」にご参加いただける皆様へ、無料で配布しました。
また、火まつり香を楽しむ様子の写真の募集をおこないました。(後日、シガラキマニアサイト等でご紹介予定です。)
 
 
▼以下、シガラキマニア2021参加アーティストとしてこの企画を考案してくださった伊達伸明さんのコンセプト文です。
 
新型コロナウイルス感染拡大防止のため今年の信楽火まつりが中止になりました。この祭りは、火によって育まれてきた信楽の文化を象徴する祭事であり、また地域の夏の風物詩でもあります。たとえ中止になっても本来の開催日に「新宮神社から愛宕山へ動く火」は共有したいところです。
そこで、考案されたのは「信楽火まつり香」です。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
〇 シガラキマニア2019-SUPER PRESENTATION-
 
「シガラキマニア」キックオフイベントを開催しました。
 

  

 日時:2019年9月28日(土)13時~19時(12時30分開場)

 場所:滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館 信楽ホール

  詳細はこちらから

▲ページトップへ