信楽町観光協会: 紫香楽宮跡 <宮町遺跡>(しがらきのみやあと)

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > 歴史をめぐる > 紫香楽宮跡 <宮町遺跡>(しがらきのみやあと)

紫香楽宮跡 <宮町遺跡>(しがらきのみやあと)

天平14年(742年)、聖武天皇が離宮造営に着手したことに始まる紫香楽宮。わずか数年で遷都されたため長く幻の都といわれてきましたが、平成12年、宮町遺跡で宮殿跡が発見され、全国的に注目を集めるようになりました。今も幻の宮を解明するための発掘が続けられています。

国史跡紫香楽宮跡公式ホームページ

▲ページトップへ

▲ページトップへ