信楽町観光協会: 甲賀寺跡(国史跡紫香楽宮跡 内裏野地区)

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > 歴史をめぐる > 甲賀寺跡(国史跡紫香楽宮跡 内裏野地区)

甲賀寺跡(国史跡紫香楽宮跡 内裏野地区)

聖武天皇が発した大仏造立の詔により、大仏の骨組みとなる体骨柱を立てたと推察される甲賀寺跡。金堂跡、僧坊跡、塔院跡などずらりと並ぶ礎石が、当時の面影を今に伝えています。

▲ページトップへ

▲ページトップへ