自然にひたる:信楽町観光協会

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > 新着情報

信楽町観光協会

最新ニュース

桜開花情報 4月22日(月)天気:晴れ/曇り

(2019.04.22)

信楽町内の桜の開花情報です。

 
桜スポット  所在地 開花状況  確認 備考   
畑のしだれ桜 信楽町畑

落花盛ん

4/22(日)

外部リンク

ライトアップ終了

MIHO MUSEUM 信楽町田代

見頃~

4/21(日)

 ※月曜休館

外部リンク

県立陶芸の森 信楽町勅旨

枝垂れ桜:見頃

4/21(日)

 ※月曜休館

信楽町内 信楽町一円

ほぼ終了

4/22(月)

※畑のしだれ桜へお越しの際は途中道が大変細くなりますのでお気をつけてお出かけください。とくに朝宮方面から畑へ向かう県道52号は車両の対向が困難となります。県道12号をご利用ください。

4/27(土)地元ガイドと窯元散策!無料ガイドのお知らせ

(2019.04.21)

4月27日(土)はディスカバウエストハイキング・信楽コースの開催日です。

信楽ではしがらき観光ボランティアガイド協会のみなさんの案内で、信楽焼の窯元散策ハイキングをおこないます。信楽のまちなかに今も残る、登り窯などの産業遺構や古い町並み、陶器の制作現場など、地元ガイドさんだからこそ案内できるスポットを紹介してくれます!

ぜひガイドさんの案内を聞きながら、信楽のまちなかを散策してみてください。

※12月・1月・2月は第2土曜日のみの開催となりますのでご注意ください。

【出発時間】  午前9時50分 (解散 12時20分頃)

【集合場所】  信楽高原鐵道信楽駅

        大きなたぬきの前でボランティアガイドがお待ちしています。

【主なコース】 信楽窯元散策路、信楽伝統産業会館など(約2時間半)

【参加費】   無料

※参加される皆様は各自歩きやすい服装、水分補給の準備をお願いいたします。

しがらき観光ボランティアガイド協会について

信楽産業展示館『ほろ酔いうつわと地酒展』 開催中

(2019.04.10)

陶芸の森信楽産業展示館では「ほろ酔いうつわと地酒展」を開催中です。桜や花々が見ごろの季節に、お気に入りの酒器を片手においしい地酒はいかがでしょうか。

信楽焼の素敵な酒器の展示販売です。ぜひご覧ください。

信楽焼の酒器はもちろん、期間中信楽産業展示館内で甲賀・湖南地域の地酒の販売もおこなっております。

ほろ酔い器と地酒展

展示期間  5月26日(日)まで

会場  県立陶芸の森信楽産業展示館 ギャラリースペース

 信楽産業展示館の見学は無料です。(9:30-17:00 入館は16:30まで)

お問合せ  信楽焼振興協議会 0748-83-1755

ホームページはこちらから

MIHO MUSEUM 春季特別展 開催中のお知らせ

(2019.03.25)

MIHO MUSEUM では、5月19日まで

春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」を開催中です。

MIHO MUSEUM春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

京都紫野の禅刹・大徳寺の塔頭である龍光院は、武将の黒田長政が父・黒田官兵衛の菩提を弔うため、江月宗玩和尚(1574〜1643)を開祖として慶長十一年(1606)に建立されました。大坂堺の豪商で茶人でもある天王寺屋・津田宗及の次男として生まれた江月は、高い教養と優れた禅風で知られ、当時の龍光院は、高松宮好仁親王、小堀遠州、松花堂昭乗ら一流の文化人が集う寛永文化の発信地でした。

また天王寺屋伝来の名宝は、江月によって大坂夏の陣の難をくぐり抜け、現在その多くが龍光院に伝えられています。

このたび龍光院の全面協力を得て、龍光院四百年の全容を一挙公開いたします。国宝の曜変天目茶碗や密庵墨蹟、柿栗図(伝牧谿筆)、油滴天目などの重要文化財をはじめとする、天王寺屋伝来の名宝、寛永文化の美を伝える江月所用の品や江月に帰依した人々ゆかりの文物、歴代寺伝の什物を展覧するとともに、江月以来脈々と受け継がれ、今に生きる禅の法統、龍光院の現在も紹介いたします。

 

「春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

会 期  開催中~5月19日(日)

開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)

休館日  月曜日 ※4/29、5/6は開館、4/30、5/7は休館

入館料  大人1,100円 高校・大学生800円 小学生・中学生300円

お問合せ ミホミュージアム 0748-82-3411


公式ホームページへ

「春季特別展「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」

信楽高原鐵道 2019年3月期ダイヤ改正について

(2019.03.17)

信楽高原鐵道よりおしらせです。

本年3月期の信楽高原鐵道のダイヤ改正はございません。貴生川駅より接続します、JR並びに近江鉄道にダイヤ改正がありますので、乗り継ぎの際は各鉄道会社様の時刻表をご確認ください。

信楽高原鐵道ホームページ

運行情報は信楽高原鐵道公式ツイッターにて発信中です。
フォローをお願いします。

運行に関するお問合せ 信楽高原鐵道信楽駅 0748-82-0129

陶芸の森陶芸館 春の特別企画展のお知らせ

(2019.03.11)

陶芸の森陶芸館は、2019年3月12日(火)から6月9日(日)まで、春の特別企画として花いっぱいの「陶の花 FLOWERS」展を開催します。花は古来より世界各地の様々な芸術のジャンルにおいて表現されてきました。近世のやきものにおいては花の吉祥文様が器を彩り、また近代には様々な花の陶製タイルが近代建築を豊かに彩りました。そして現代陶芸においても、植物が持つ生命力、美しさ、儚さなどにインスピレーションを受ける作家は多く、それぞれの思いをもって表現をおこなっているのです。本展では、「花」を入り口に様々な時代の陶による表現の世界を探ります。

また、細川正廣コレクション寄贈記念展「近江のやきものの魅力」を同時開催いたします

 展示会名:     特別企画「陶の花 FLOWERS」

  同時開催:  細川正廣コレクション寄贈記念展「近江のやきものの魅力」

 会 場:       滋賀県立陶芸の森 陶芸館 
        (滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7)

 会 期:      2019年3月12日(火)~6月9日(日)

 開催時間:   9時30分~17時(入館は16時30分まで)

 休館日:       毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館。5月7日(火)は振替休館)

 入館料:       一般500円(400円)、高大生380円(300円)、中学生以下無料

            ※( )内は20名以上の団体料金 

 主 催:       滋賀県立陶芸の森(0748-83-0909)、京都新聞

 公式ウェブサイトはこちらから

日本六古窯(信楽)が日本遺産に認定されました

(2017.04.28)

「日本六古窯(にほんろっこよう)」が平成29年度の日本遺産に登録されました。日本六古窯は中世から今日まで引き継がれている焼き物の産地、「備前・瀬戸・常滑・越前・丹波・信楽」の全国6か所の総称です。

日本遺産認定のまち・信楽へぜひお越しください。

 

日本遺産認定について(甲賀市ホームページ)

 

日本遺産とは・・・

「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて 我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。

公式ホームページへ

▲ページトップへ