信楽町観光協会: 陶芸の森特別展「静中動 韓国のスピリットをたどる― 開かれた陶のアート」

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > 新着情報 > 陶芸の森特別展「静中動 韓国のスピリットをたどる― 開かれた陶のアート」

陶芸の森特別展「静中動 韓国のスピリットをたどる― 開かれた陶のアート」

激変する歴史の中で他文化と交流しながら、独創的な世界観を生み出した韓国アート界は、静の中に潜められる動のエネルギー、「静中の動」の精神が垣間見えます。とりわけ、人・文化の交流を通じた変容によって新たな美が生まれる一方、その動きの中で相対的に浮かび上がるアイデンティティや、変容の動きのなかでも変わらない伝統の精神性なども根底にうかがえます。その精神性の一つの代表例として挙げられるのが、朝鮮白磁の「満月(MOON JAR)」です。この満月壺は近年ジャンルを問わず、韓国のアーティストたちに通底する美・文化のキーワードとしてたびたび登場します。
 
 本展では、静中動の視点から伝統を踏まえて、様々な表現・理論へと展開された韓国アート、主に陶を素材にした作品を中心に紹介し、その根底にある精神性と魅力に迫ります。
 
会 期:2022年09月17日(土)~ 2022年12月18日(日)
会 場:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
開 館:9:30-17:00(入館は16:30まで) 
    月曜休館(祝日の場合開館、翌火曜日休館)
入館料:一般 750円(600円)/高大生 560円(450円)/中学生以下無料
 
主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
公式ホームページ

▲ページトップへ

▲ページトップへ