自然にひたる:信楽町観光協会

信楽町観光協会ホームページトップへもどる

HOME > 2019年04月

信楽町観光協会

最新ニュース

(2019.04.25)

SONY DSC

(2019.04.24)

―― 大型連休 信楽町へお越しの皆様へお願い ――

 4月27日~5月6日までの10日間、信楽駅前にて「春のしがらき駅前陶器市」、5月2日~5日の4日間、県立陶芸の森にて「信楽作家市」が開催されます。また近隣市町でも併せてイベントが開催される予定です。

 この期間中、信楽町内の国道307号、および各会場駐車場では大変な混雑が予想されます。お車でのお越しの場合は、お時間に余裕をもって安全運転でお越しください。信楽へお越しの際は便利で快適な公共交通をご利用ください。(しがらき駅前陶器市会場は信楽高原鐵道信楽駅おりてすぐとなります。)

プロフィール

(2019.04.24)

名 前     ぽんぽこちゃん(PONPOKO)
誕生日     平成22年(2010) 4月18日(ヨイハチ)
年 齢     ずっと「子ダヌキ」
性 別     女の子
趣 味     縁起を振りまいて歩くこと
性 格     いつも笑顔で人懐っこい、ちょっとイタズラっこ
好きな食べ物  朝宮茶でできたアイスやお菓子

 

ぽんぽこちゃんは信楽町観光協会のマスコットキャラクターです。
狸と言えば八相縁起。そして徳利の丸八などが有名です。
みなさんにもその八相縁起パワーをよりいっそう振りまいてくれる事から、 「ヨイハチ」の日にぽんぽこちゃんは誕生しました。
おなかの「楽」は信楽の「楽」、そしてみんなが「楽しく」過ごせる事を願って。
ちなみに信楽焼振興協議会にいる「匠ポン山」先生はぽんぽこちゃんの お父さんの兄、すなわちおじさんにあたります。
ポン山おじさんと一緒に、信楽のマスコットとして頑張ります。
みなさん、これからもぽんぽこちゃんをよろしくお願いします!!

 

ぽんぽこちゃん

 

 

 

令和元年度 開催情報

(2019.04.24)

開催日 令和1年(2019年)7月27日(土)
場 所 滋賀県甲賀市信楽町長野
   奉納コースにつきましては、周辺工事等のため現在実行委員会で検討中です。
   決まり次第ご連絡します。

タイムスケジュール(参考)  ※下記はH30年度のスケジュールです

  10:30~      陶の火拝受式 ( 紫香楽宮 甲賀寺跡にて )

  15:00~18:00 松明奉納の受付 (新宮神社にて)

  19:00~      元火採火式 (新宮神社にて)

  19:25~      火まつり式典 (新宮神社にて)

  19:45~      松明奉納

              紫香楽太鼓「炎」演奏 (ゴール地点にて)

       ~22:00 花火奉納

 

FB-f-Logo__blue_29フェイスブックページ「しがらき火まつり実行委員会」

最新情報をお知らせしています。

クリックして、ページに「いいね!」してください。

 ↓ ↓ ↓


信楽作家市2019

(2019.04.24)

「信楽作家市」は全国からものづくりに励んでいる陶芸作家さんを中心に募り、展示即売をするイベントです。 今年からは新企画(ワークショップストリート)として、代表の作家さんにワークショップをしていただき、ファンの皆様にプロの技術を体験していただけるブースを設置します。

新緑の5月、美味しい春の空気とともに、作家さんのこだわりのものづくりに触れてみませんか。 新しい器、新しい作品との出会いにきっと心豊かな生活空間が始まるでしょう。

新緑の5月の空の下、お気に入りの器を探しましょう。

 信楽作家市2019

  日時 5月2日(木)~5日(日) 9:00~17:00

  場所 県立陶芸の森 太陽の広場 (甲賀市信楽町勅旨2188-7)

  問い合わせ  メールにてお問合せください

  主催 信楽作家市実行委員会

  詳細・出展者情報などは信楽作家市ホームページをご覧ください。

しがらき火まつりの歴史

(2019.04.23)

 信楽は、陶器『 信楽焼 』と銘茶『 朝宮茶 』で有名な町です。
 そして、日本六古窯(ろっこよう)の一つとされています。
 天平14年 聖武天皇がこの地を都とし、紫香楽(しがらき)の宮を造営しました。のちの平城京(奈良)の大仏は、信楽の「甲賀寺」に建造しようとされていましたが、これは完成にいたりませんでした。その頃から布目瓦と大仏鋳造用のるつぼをこの地で作っていたとの説がありますが、今のところ定かではありません。鎌倉時代より多くの陶器が生産され、江戸時代には「献上茶壺」が製作され陶器産業が発展しました。 その後、茶器・日用雑器・便器・火鉢などが生産されるようになり、現在では植木鉢・タイル・花瓶・傘立て・食器・そして有名な 「信楽狸」などの置物など多種多様な陶製品が生産されています。

 火まつりは、古くは数百年前、江戸時代以前よりつづくと伝えられ、「 陶器づくりに欠かせない火 」、 「 生活や文化に欠かせない火 」への感謝と火に関わる安全を願って行われてます。
 新宮神社から、愛宕山山頂の神社(愛宕・秋葉神社、陶器神社)に松明を奉納します。このまつりは、もともと7月23日に行われていましたが、近年、 7月の第4土曜日に開催されています。松明奉納は、奉納提灯で飾られた伝産大通りや大戸川沿い、愛宕山山頂へ続く山道などを通る約2.6km(約50分)のルートで行われます。子供から大人まで、毎年700本程度の松明が奉納されます。
 終点では、花火を背景に、紫香楽太鼓「炎」が演奏され、奉納者には安全祈願のお札と記念品が渡されます。

himatsuri しがらき火まつり1

陶芸の森 つちっこプログラム陶芸体験

(2019.04.23)

5月2日から5日までの4日間、陶芸の森では「信楽作家市」が行われます。これに併せ、5月4日、5日の2日間は太陽の広場横の信楽産業展示館創作室にて子供さん向けの「粘土と遊ぶ ちょっとだけ陶芸体験」が今年も行われます。作家市とあわせてぜひ親子でご参加ください。

 

5月4日(土) どうぶつのおさらをつくろう

5月5日(日) 自分だけの宝島をつくろう

※受付は当日会場にてお願いします。

 (受付時間 10:00~11:30 / 13:30 ~15:30)

参加費 400円 (焼成希望者は別途焼成代がかかります)

お問合せ 県立陶芸の森 0748-83-0909

ホームページはこちらから 

▲ページトップへ